FC2ブログ

ミサの障害年金暮らし 

障害年金が収入ベースでも遣り繰りできてます

この世を去る時はやはりかなしかった


9月に私はこの世からあの世に逝ってしまうような体感があった。

体が日中もフラフラしていて
夜に体から魂が抜けた感覚して
ああ、私ここで死ぬんだと思った。


沢山に涙がでて
それでも、その日に死ねるのかと思ったら感謝の気持ちでこの世を去ろうとした

ひとつひとつ感謝を込めてありがとう、といいながらでも
この世を去ってあの世に行くのはかなしかった


あの世にはじめていった時にそこには誰もいなかった

空の色がとても濃い藍と青色の宇宙でも近そうなところ…
私にはそこにいくのがさみしかった

さみしくて涙が止まらなくて涙の重さだけで私はこの身体へと地におちたのか…

そう言う体験をしたら
幸せなままで死ぬのも哀しい事なんだと思った


辛くて死ぬのはやはり辛いんじゃないかと思う
それでも幸せと思いながらもいくのもかなしかった。



今はまた涙がでていて気分としては落ちている方が文字は書けるのだけれど

幸せと不幸せには
そこまで差がなく
死ぬときはどんな思いをしてもかなしいのなら

もう少し生きて
自分の家族や愛する人が見届けてからお役目ごめんで
いつかあの世からおいでと言われるまで自分からはいかないようにしたい
関連記事

* Category : 未分類